ブログ

2023.12.05

【日々の考察】役割の関係と心の関係

いつもありがとうございます。

 

師走(しわす)の異称を持つ12月。師僧も走る多忙な月を意味し、誰もが年の瀬をひかえて何かと忙しくなる時期です。

 

忙しいという字は心を亡くすと書きます。忙しい時は、自分の心と向き合う時間が持てなくなったり、目の前や周囲にいる人たちの心を見落としてしまったりする、という意味を持つ漢字です。

 

実際に、仕事が多忙なせいで『心』を亡くしてしまうと、仕事上の人間関係が役割としての関係性に傾きます。

役割としての関係性は、お互いに義務感や責任感を交流させるクールな関係性といえます。私が専門とする心理業や教育業を例に取れば、カウンセラーとクライアント、教師と生徒、という互いがそれぞれに持つ役割(肩書)としての交流を指します。

 

そして、この役割としての関係性とは対照的なものとして、心としての関係性があります。

心としての関係性は、お互いに純粋な一人の人間として、心と心、魂と魂を交流させる温かみのある関係性といえます。

 

特に人の『心』や『成長』に寄り添う仕事に関して言えば、支援を『受ける側』の人間と、『施す側』の人間の間において、役割としての関係性心としての関係性…性質の異なるこれら2つの関係性が、バランス良く築かれていることがとても大切です。

 

なぜならば、この『バランス』が、どちらか一方の関係性に大きく傾いている場合、支援を『受ける側』の人間が抱える悩みや問題が、本当の意味で改善されることが難しくなるからです。

 

特に、心理業と教育業に従事している私としては、常日頃から、このことを如実に実感するのです。

 

自分自身の「心」と向き合う。

クライアント様の「心」と向き合う。

生徒と保護者様の「心」と向き合う。

 

心を大切に、

魂を大切に、

この一瞬一瞬を大切に、

全力で今を生きていく。

 

そうして笑顔で2023年を締めくくる。

 

 

私の宇宙に在るすべての存在が、幸せでありますように。

 

 

 

 

毎日たくさんの学びと気づきを与えてくれるこの世界に、心より感謝いたします。

お問い合わせ・ご予約

当サイトへのご質問・ご相談、または心理カウンセリングのご予約など
お電話・メール・WEBにて24時間365日受け付けています。